reCare道玄坂鍼灸院:〒150-0043 東京都 渋谷区 道玄坂1-14-9 ソシアル道玄坂501
渋谷マークシティから徒歩30秒 駐車場:無

お気軽にご予約・お問合せください

03-6416-0361

膝痛に対する鍼治療の効果 -医学論文の紹介-

変形性膝関節症、OA、内側側副靱帯損傷、ガイ惻惻副靭帯損傷、前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷、膝蓋骨亜脱臼、ロッキング、ザギング、関節鼠、膝半月板損傷、等で膝痛を抱えてお悩みの患者様のイメージ

膝痛に鍼治療は効くのか?

超高齢化社会を迎える現代の日本において、変形性関節症を持つ患者は増加しており、その中でも変形性膝関節症を抱える患者さんは多いです。痛みを和らげるために、整形外科などで処方される非ステロイ ド性抗炎症薬(NSAID)と呼ばれる薬がよく使われていますが、消化管に潰瘍ができてしまったり、 肝臓や腎臓に障害が起きてしまったりなどの副作用が問題なっています。そのため、副作用が少ないとされている鍼治療は薬物療法などを補う治療法である「代替医療」の一つとして期待が寄せられています。このように変形性膝関節症に対しての鍼治療は世界的に期待値が高く、その効果を1000人以上の大人数で比べたドイツの研究がありますので紹介します。

今回紹介する論文

Scharf HP, Mansmann U, Streitberger K, Witte S, Krämer J, Maier C, Trampisch HJ, Victor N.

Acupuncture and knee osteoarthritis: a three-armed randomized trial.」

Ann Intern Med. 2006 Jul 4;145(1):12-20. doi: 10.7326/0003-4819-145-1-200607040-00005.

この論文の「目的」

変形性膝関節症による慢性的な膝痛に対して、偽の鍼治療(Sham acupuncture)や保存療法と比較して本物の鍼治療が効果的で安全かどうかを検討すること。

この論文の「方法」

被験者

6か月以上続く慢性的な痛みを持っている変形性膝関節症の患者1007人を被験者にして行われました。

ランダム化

被験者は本物の中国式の鍼治療を受ける群、偽鍼の治療を受ける群、鍼治療は受けない保存治療だけの群の3群に振り分けられました。

治療頻度と回数(介入方法)

本物及び偽の鍼治療は6週間で10回実施された。

治療頻度と回数(介入方法)

症状の程度はWOMACという質問紙のスコアで評価を行い、そのスコアが36%以上改善した場合を治療の成功(有効)と定義して、成功率を各群で比べました。

この論文の「結果」

本物鍼治療群では治療の成功率が53.1%、偽物鍼治療群では51.0%、保存治療のみの群では29.1%でした。本物もしくは偽物の鍼治療を行った群では保存治療のみよりも、この成功率が高く、鍼治療を行った方が、治療効果が高いことが示されました。この結果から、本物の鍼治療と偽物の鍼治療の間には治療効果の差が見られませんでしたが、保存治療のみよりも鍼治療を行う方が、効果があることを表しています。

変形性膝関節症に対する各群の鍼治療効果を示している表

各治療群ごとの各指標の変化を示している表
本論文のTable3より転用

この論文の「考察」

今回の研究の結果では、鍼治療では保存療法よりも変形性膝関節症患者の痛みと運動機能の両方を改善する効果が示されました。このことは、鍼治療を保存療法の補助的に併用することで、変形性膝関節症患者の症状を改善させる根拠として考えることができます。

内出血を除くと鍼治療による有害事象はほぼ見られず、鍼灸治療が安全な治療であることも示された。

鍼治療が効果的な結果を示したメカニズムは完全に明らかになっていないものの、鍼治療は変形性膝関節症の保存療法の補助的な役割を果たし、鎮痛薬の量を減少させる可能性がある。

今回紹介した論文のまとめと解説

今回紹介した論文の結果では、保存療法(鍼治療を受けない)よりも鍼治療を受けた方が変形性膝関節症の症状を和らげることができ、かつ、薬物治療などと比べて副作用の少ない治療法ですので、鍼治療はローリスクで効果を得られる治療法です。ですので、痛み止めなどの薬だけに頼らず、鍼治療を受けることで皆さんの膝の痛みを効果的に和らげることができるかもしれません。

当院での膝痛(変形性膝関節症)に対しての鍼灸治療

今回の論文で紹介したような「変形性膝関節症」に対しての鍼治療は、当院の「伝統鍼灸治療」という治療コースがおすすめです。膝痛の局所へ鍼を刺すことで痛みを軽減させ、痛みにより固くなっている太ももやふくらはぎへも鍼を刺すことで柔らかくします。また、膝を伸ばすための筋肉が予約なっている場合が多いので、筋力トレーニング(運動療法・リハビリ)も併せて実施します。

【監修者】 鍼灸学博士 納部瑠夏

鍼灸系の大学院を修了し、鍼灸治療の専門家の証である「鍼灸学博士」を保持。

reCare道玄坂鍼灸院の院長として臨床を行う傍ら、福岡リゾート&スポーツ専門学校で非常勤講師として教鞭を行っている。

一般社団法人日本体力医学会公益財団法人全日本鍼灸学会所属

保有資格

鍼灸学博士、はり師・きゅう師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、健康運動実践指導者

主な研究業績

お気軽にご予約・お問合せください

予約サイトやLINE、お電話等でのお問い合わせやご予約が可能なreCare道玄坂鍼灸院へご予約を促すスマートフォンの画像
お電話でのご予約・お問合せはこちら
03-6416-0361
営業時間
9:00~22:00 
定休日
不定休

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6416-0361

ご予約はこちら

アクセス

住所

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-14-9
ソシアル道玄坂501
渋谷マークシティから徒歩30秒
駐車場:無
 

営業時間

9:00〜22:00
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

不定休
詳しくはお電話ください。
お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー